×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ルネのきままなアトリエ
⇒ぼちぼち歩きリストに戻る
⇒山域別リスト

大日山キレット付近から大日山を見上げる
奈良県御杖村:1810.4m

 2006年11月3日(金・祝) 
晴れ
 単独
コース 広域地図  詳細地図
 8:10 石徹白登山口
 8:20 大杉
 8:36〜8:55 ブナ林
 9:25 おたけり坂
 9:55〜10:15 神鳩避難小屋
10:43 母御石
10:56〜12:26 銚子ヶ峰山頂(昼食)
12:45〜12:56 神鳩避難小屋
13:50〜14:05 ブナ林
14:35 石徹白登山口

稲村ガ岳。
ずっと登ってみたいと思っていた山。
ピストンするにしても結構な長丁場。「老化した」膝では無理だと半ば諦めていた。

十日前に観音峰よりその姿を拝み見、その思い断ち切れなくなってしまった。








西口空きスペースに駐車 8:20出発 笑っているのは今のうち・・  8:22 武平峠 うやうやしく提出

大将!へっぴり腰ですよ〜! すっく、と聳えている 振り返ればアカヤシオ越しに御在所岳

所々両側の切れ落ちた痩せ尾根もあり、退屈しない。面白いほどぐんぐん登っていく。眺めは素晴らしい。

高い所が少々苦手の息子だけど、さすがに老いた母の前ではびびった姿なんか見せられないよね〜( ̄〜 ̄;)
アブナイ・・人

目の前に聳えるピークが少しずつ近づいてくる。
それにしても絶景・・・。

南側の斜面の所々に、アカヤシオのピンクが・・・
山の斜面を彩るアカヤシオ


こんなところも越えていきます。

青空にピンクがきれいだね〜

カメラマンの母は、後になり先になり忙しい・・・

息子よ、人生の山はもっと険しいよ〜( ̄〜 ̄*)
山頂直下の最後の岩場
普段、できるだけロープや鎖は頼らないように気をつけているけれど、さすがにここでは頼りになります。


鎌ガ岳山頂  向こうは雨乞岳


北の展望   雨乞岳から御在所岳方面   (雨乞岳の左にちらっと見えるのは綿向山か)

雨乞岳・・・大きな山だ・・・

東の展望    左:御在所岳  四日市方面




南の展望   鎌尾根と鈴鹿南部の山々 (左:入道ガ岳 中央:野登山と仙ガ岳)

ひとしきり眺めを楽しみ、山頂を辞す。
武平峠から御在所岳をピストンする時間も十分ある。

岩がごろごろの道を振り返る 芽吹き前の潅木の斜面に、アカヤシオと針葉樹の濃い緑がアクセントを添えている


ふ〜、やっぱり惹かれる山ですね〜( ̄〜 ̄*)

今度は御在所と雨乞を見ながら下りていく 武平峠越しに御在所の登山路のザレ


エンジンがかかってきたみたいですね〜 こちらの登山道沿いにもところどころアカヤシオ


鎌ガ岳の威容  右下に武平トンネル西口の駐車場が見える



全身運動です・・・ 天を指差す・・・

山頂周遊道路に出る ハルリンドウが満開です 向こうが山頂


長者池にも寄っていこか〜
この辺になると、観光客うじゃうじゃ〜
山頂まであと一息・・
ますます賑やかになってきた〜

ガンダム母さんと孝行息子


西の展望  この辺り一帯、風花さんのお庭?



焼きソバの予定がソバを持ってくるのを忘れ、塩味の焼肉。
これがまた、予想外に美味しかった!
しっかり食べて、ひからびたオツムにも栄養をたっぷり補給してやってね!(ごめん・・・)

鎌ガ岳を見ながら、ぐんぐん下りていきます この高度感がたまりませんね〜

御在所を振り返る シロモジ? あと一山ぐらい登れるで〜


ぼちぼちあるき リストに戻る