×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




ルネのきままなアトリエ
⇒ぼちぼち歩きリストに戻る
⇒山域別リスト


2007年10月20日(土) 
霧のち晴れ
おやじ・おかん・私(敬称略)

2014年追記


これも途中で投げ出したレポ。
この山行の翌日から発熱。数日寝込んでしまった。

oyajiさん、おかんさんのパワーは強烈だった。




大峯釈迦ヶ岳をpapamamaホームの おやじさん、おかんさんとご一緒しました。
コースはおなじみの峠の登山口から。




紅葉真っ盛りの白山平瀬道オフが悪天候で流れ、明日は家でごろごろ〜( '∇^*)~☆〜
・・・とばかり、夜遊びしているところへ、
papamamaホームのおやじさんから
「大峯 釈迦ヶ岳行きまっせ〜」のメール。

ぐぇ!
い、行くの〜??

もうすっかり夜更かしモードに突入してるんやけど・・。

けど、明日大峯方面は好天の予報。
稜線の木々も色づいているだろうし・・。
こりゃ、行かないわけにはいかんわな

さて、10数年ぶりの中ア、どうなることやら・・。


○コースタイム○
峠登山口7:50→古田の森9:15→千丈平9:50→釈迦ケ岳山頂10:25〜11:45→深仙宿12:35→大日岳13:10〜13:20→
深仙宿13:50〜14:05→千丈平15:10→峠登山口16:35
(※おやじさんレポから)

コースマップ


5時半には行列
途中でおやじ号に拾っていただき、十津川村旭口から旭林道へ。

(少し手前で、国道のバイパスが開通していたけれど知らず、
「あの広い道はどこに行くんやろ?」と、やり過ごしてしまった。
バイパスを通ると、旭口に直行できる)

林道の整備工事がかなり進んでいて、1年前に比べると、ずいぶん走りやすくなっている。
おやじ号はエンジン音も軽やかに峠の登山口に到着。

しかし、ま、ここまでの車中で、かなり疲れたね。
運転席と助手席で繰り広げられる(ビミョウ〜な)夫婦漫才を、かぶりつきで聞かせられるんやからね・・・。

今日一日が思いやられるな〜・・( ̄〜 ̄;)

うわーーー!!!




●峠登山口(7:50)●

出発の準備をしている時、おやじさんのザックから強烈な異臭!!
な、何、この匂いーー?!!Σ( ̄ロ ̄|||)

あ、ごめん。
さっき渡した昼の焼きソバに使う刻みニンニクでした・・。
・・スイマセン・・(^▽^;)>゛
既にこのテンション・・┐( -_-)┌


















●釈迦ヶ岳山頂(10:25〜11:45)●

・・10月20日 大峯釈迦ヶ岳へ・・

ピッカピカの晴れ!!
・・の予報だったのに・・
釈迦への稜線は深い霧に包まれていました。

それに加えて山頂は北西から吹き上げる強風で
震え上がるような寒さ(><;)


・・が、1年ぶりにお目にかかるお釈迦様は
前と変わらず慈悲深く尊いお姿で迎えてくださいました。
いえ、以前は長い年月のお疲れが出たのか
少し前かがみでしたが
すっくと直立されていらっしゃるようにお見受けしました。

帰りは大日岳にも寄り道しました。
あ、岩場の直登ルートを登山者が下っているのが見えます!

この頃になって、やっと青空が見え始めました。


大日岳の岩峰の基部付近が一番紅葉が鮮やか。
でも、全体に、今年のピークはまだまだですね〜
紅葉せずに茶色く縮れて枯れている葉も
たくさん見受けられました。


↓古田の森近くです

↓同行してくださったお二人です♪
とびきり愉快な一日でした!!ヽ(^Д^*)/

(10月22日)


注:釈迦ヶ岳山頂の釈迦如来像は、
昨年11月修復のためいったん撤去されました。
今年7月再建立され、8月に開眼法要が行われたそうです。



しかし、なんやね・・・。
同行者が違うと、同じコースでもこんなに印象がちがうんやね





⇒ぼちぼち歩きリストに戻る

⇒山域別リスト