×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




ルネのきままなアトリエ
⇒ぼちぼち歩きリストに戻る
⇒山域別リスト







1日目  7月29日(日) 栂池〜白馬大池〜小蓮華山〜三国境〜白馬岳〜白馬山荘(泊)
2日目  7月30日(月) 白馬山荘〜白馬岳〜三国境〜雪倉岳〜(朝日岳水平道)〜朝日小屋(泊)
3日目  7月31日(火) 朝日小屋〜朝日岳〜(五輪尾根)〜蓮華温泉===雨飾温泉(泊)
4日目  8月 1日(水) 雨飾温泉〜(薬師尾根)〜雨飾山〜雨飾高原キャンプ場〜小谷温泉



2014年11月追記

これも印象深い山行だった。
ワンゲルの仲間、michiyoさんNちゃんと、数十年の時を経てのアルプス。


michiyoさんとは、25年以上前になるけれど、夏の八方尾根でばったり出遭った。
末子が一歳ぐらいだったか、私は負んぶひもで負ぶってという今から考えるとかなりカッコ悪いいでたちだった。


Nちゃんとは5月に八経ケ岳を案内したばかりだった。






膝にかなり不安があり、二人について行けるか心配だった。
整形外科で購入した膝のサポーターを付けて。

白馬乗鞍岳の岩の登りで、体をひょいと持ち上げた拍子に
ザックの重みでのけぞり、50センチほど下にあおむけにひっくり返ってしまった。



お天気はいまいちで、特に中日、白馬から朝日岳への縦走はほとんどガスに包まれ
展望は叶わなかったけれど、花の見事さといったら凄いものがあった。
次から次に現れる高山植物の大群落!


三日目の五輪尾根の下りも印象深い。
どこまでも続く木の階段。
途中でみるみる空が腫れあがり、雪倉の稜線が見え始める。

いつもパワフルなNちゃんが調子が悪く、かなり辛そうだった。
結局翌日の雨飾山でも絶不調。michiyoさんと二人先に下山したけれど、
下山後診てもらうとかなりな貧血状態だったらしい。


なんて、いろいろ書きだすと芋ヅル式に色んな事が思い出される。

下山後、バスとタクシーを乗り継ぎ雨飾温泉へ。
その時の貸し切りの乗り合いバスのなかでの運転手さんとのやり取り。
運転手さんがタクシーを手配してくれたこと。

雨飾温泉での豪華な夕食!
翌日の素晴らしい雨飾山!


あ〜いろんなことが次々に思い出される・・。
もう7年も前のことなのに・・。







コース 広域地図     コース詳細地図







⇒ぼちぼち歩きリストに戻る

⇒山域別リスト