×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




ルネのきままなアトリエ
⇒ぼちぼち歩きリストに戻る
⇒山域別リスト

     
     
2008年1月19日(土) 
快晴
8名(
おやじコト夫妻森のRIKA+O夫妻スロートレック夫妻・私)※敬称略


「明神平にソリ遊びに行きませんか?」
papamamaホームのおやじさんに声をかけていただき行ってきました明神平。

雪は予想より少なかったものの、青空に霧氷が眩しい。

集まったのは個性豊かな愉快なメンバー8人。
思いがけない方との遭遇もあり、歳も忘れて遊び、食べ、笑った一日。

コース 広域地図               
 8:00 大又林道駐車場
10:25 明神平
10:50〜14:30 前山
16:25 大又林道駐車場



道路脇には大きなツララ


余りにも予想通りの行動・・呆れるしかない・・


渡渉・・
このところの寒波、それに2日前にも雪が降ったようでかなりの積雪を予想していた。
林道終点駐車場まで自力で辿り着けない場合に備えて、やはた温泉でおやじさん、コトさんご夫妻と待ち合わせ。
が、路面にも山の斜面にも雪は全く見えない。

結局、林道駐車場手前の橋から上、路面薄っすら白く凍てついていただけだった。
が、大又の集落から見上げる国見山の斜面は真っ白に輝き、美しい霧氷は期待できそうだった。

スノーシューも持ってきたものの、この調子では出番はなさそうなので置いていく。

「ルネさん、持って行かはった方がええんと違いますぅ?
上はだいぶ積ってますで〜」
おやじさんのそそのかしには乗らない。

森のRIKAOご夫妻、スロトレご夫妻は後から合流されるとのことで、おやじさん、コトさんご夫妻と一緒に一足先に出発。

●林道駐車場 (8:00)●

いつもなら、登るにしたがって少しずつ雪も深くなってくるけれど、今日は雪が現われたり消えたり。
明神滝を過ぎてもほんの5センチほどの積雪しかない。


霧氷は、橋の倒壊現場の上のつづら折れの道の途中からちらほら見え出した。


▲両側の飛沫が少し凍っている・・明神滝


▲つづら折れの道を過ぎた辺りから霧氷



▲薊岳も美しい

寡黙な4人は、黙々と歩を進める。

時々、木の枝を揺さぶって、他の者に霧氷の雨を降らしたり、後から来るスロトレご一行に、他人の名前を騙り雪面にメッセージを書いたりする者もいるにはいるが、他の3人に相手にしてもらえない。

これが、○かんさんなどが一緒だと、これでは済まない。

▲水無山斜面

水場で水を補給。

ススキの斜面を過ぎると、すぐ上の明神平西斜面の見事な霧氷が眼に飛びこんできた。

水無山の斜面も美しく装っている。


▲誰も相手にしてくれないので、いじけるoyaji・・明神平手前

昨夜の天気予報では、今日は東吉野で最高気温3度だった。
山の上はかなり寒いだろうと思っていたけれど、それほどでもなく登るほどに汗ばむ程。

▲金剛・葛城もくっきりと

画像提供:コトさん
▲霧氷のトンネルにて




●明神平 (10:25)●


雪は思ったより少なく、10センチぐらいか。
所々草が顔を覗かせている。

今シーズン2度目の明神平。
12月、独りで訪れた時にも美しい霧氷が迎えてくれた。
けれど、今日は愉快な仲間と一緒だ。


ソリ遊びのゲレンデ前山へは三ツ塚分岐経由で登ることにする。



▲明神岩方面

▲あしび山荘を見下ろす
後は水無山

▲明神岩手前


画像提供:コトさん
▲信号機のようなヒップソリ隊



▲明神岩付近



▲まるで枝垂桜・・



▲三ツ塚手前を行く


三ツ塚分岐からは、ブナの樹間より大峰、大台がすっきり見えていた。

大普賢岳の鋸歯状の尾根。それに重なるように弥山、八経ヶ岳。
その左、孔雀岳と仏生ヶ岳の間の稜線から・・・あった!釈迦ヶ岳!
ちょっと感動だ・・。






この辺りや薊岳から釈迦ヶ岳は見えるんだろうか?
ずっと気になっていた。
ま、そんなこと大してどうでもいいことなんだけど・・・。

で、拙ブログでそのことを書いたところ、いろんな方からコメントを頂き結論は見える!だった。
孔雀岳と仏生ヶ岳の間の稜線から釈迦ヶ岳の山頂がちょこっと顔を覗かせているらしい。


カモシカさんから頂いた3D画像


今日はこの眼でそれをしかと見届けたかった。
双眼鏡もしっかり持って・・・来るつもりが・・忘れた(>_<;)

それが何と、おやじさんが気を利かせてちゃんと持ってきてくださっていたのだ!ありがとう!ヽ(^Д^*)/

・・・が、ソリ遊びではしゃぎ回っている間に、いつの間にか釈迦ヶ岳のことなんかすっかり忘れてしまっていた(>_<;)

おやじさん、次回もう一度持って上がってください、双眼鏡。




●前山斜面 (10:50)●



前山斜面より明神平を見下ろす・・クリックで大

30分遅れでスロトレご夫妻、森のRIKA+Oご夫妻到着。
森のRIKA+Oご夫妻とは、今回初めてお目にかかる。
お二人で、かなりハードなコースを歩かれている。

・・が、目の前のRIKAさんは、若い!カワユイ!華奢な方だった。
まさにキュートという言葉がぴったりの方。

RIKAOさんは銀行員・・・と違って・・(^▽^;)>゛・・・ま、そんな雰囲気のあるカッコイイ若者だった。


実は、RIKAOさんとは一年前Floraさんと伊勢辻山へ行った時、稜線ですれ違い言葉を交わしているのだ。
後日偶然にもブログを見つけ驚いた。あ、あの時すれ違った人・・!
そして更にびっくりしたのは、スロトレさんのブログ仲間だったこと。
山の世界は狭い。悪いことはできません。
(・・って、いつも同じことを言っている(^〜^;)・・)

RIKAOさんは、スロトレさんにこう言っていたらしい。
「確かにすれ違いましたよ。20代と30代ぐらいの女性に・・」

30代?
・・もしかしてσ(^◇^;)?

「い、いくらなんでも、そ、それはないでしょーー!!」
スロトレさんは言葉に詰まったらしい。・・・あんねぇ・・( ̄¬ ̄)



RIKAOさんと前後して登ってこられたのは、何と、関西登山界の超有名人円の亡者さんのんぶ〜さん。
途中で出会ったらしい。

いつかどこかの山頂でばったりお会いすることもあるかもしれないと思ってはいたけれど・・不意打ちだった・・。
準備ができていません!・・何の?(^〜^;)
とりあえず首にかけたタオルだけはずす。・・変わらん・・ちゅうねん・・(>_<;)

「初めまして!」・・と言うつもりが、口から出たのは
「すみませ〜ん!」

あちゃ〜・・・(><)
・・だからぁ、何がや・・っちゅうねん・・(>Д<)



画像提供:おやじさん
円の亡者さん一行


記念撮影など・・

ついでにツーショットも・・(;^_^A 

円の亡者さんたちが立ち去られた後、
「ルネさん、いつもと全然違うやんかーー!」と、周囲から総攻撃。

いっしょです!
これが本来のワタシです!!



←おやじさんの心のこもったちゃんこ鍋
胡椒がピリッと利いて美味しいこと!
(もちろん出来合いのダシ)


伊賀牛焼肉(コト財閥提供)→
ワタシもぜんざい(栗入り)を用意させていただきました!
ちゃんこと焼肉でお腹いっぱいの皆さん、
修行だと思って召し上がってくださったようです( ̄∇ ̄;)

←スロトレ婦人などは、気を遣って2杯もお代わりしてくださいましたワン!
←Love Love( '∇^*)~☆・・ん?
 
↑RIKAさんは前山ゲレンデスピード新記録を樹立されました
(後日ご本人のブログによれば、
「ソリは非常に危険だ!」とのこと(^〜^;))

気が付くと空には薄雲が広がり、風も冷たくなってきた。
宴の時は過ぎた。そろそろ下山。


●前山斜面を後に・・ (14:30)●



尚もズルズル滑りながら・・

こりゃ、病み付きになりますワ
次は相方を引っ張って来よう・・



また来ます!ありがとう!









●大又林道駐車場(16:25)●




誘ってくださったおやじさん、ご一緒してくださった皆さん、楽しい時間をありがとう!
また遊んでくださいね(^◇^)〜♪



●おやじさんレポ●  ●森のRIKA+Oさんレポ●  ●コトさんレポ●  ●スロトレさんレポ●  





⇒ぼちぼち歩きリストに戻る

⇒山域別リスト