×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




ルネのきままなアトリエ
⇒ぼちぼち歩きリストに戻る
⇒山域別リスト


▲山頂南斜面




滋賀県高島市・標高931.3m
2008年11月14日(金)   晴れ  単独



台高や大峰の1000メートル以上のブナの黄葉はもうすっかり終わり、山は冬の装い。
けれど、標高5,600メートル付近からブナの自然林が広がる江若国境の山ではまだ楽しめそうだ。

で、出かけてきました。百里ヶ岳。
標高は1000メートルに満たないけれど、山頂付近のブナの林が美しいらしい。



コース 広域地図     コース地図 
10:15 百里新道登山口(小入谷越) 
11:20 P805
11:35 シチクレ峠
11:45 県境尾根(高島トレイル)出合
12:15〜12:55 百里ヶ岳山頂
13:15 県境尾根出合
13:45 根来坂峠
14:35 大倉谷出合
14:55 百里新道登山口
※小休止省略

アクセス:名神京都東ICから湖西道路へ→真野ICから国道477・R367へ→梅ノ木で左折、生杉方面へ→小入谷→小入谷越P
(奈良方面からだと京滋バイパスを大阪方面に向かい大山崎JCTから名神が一番近いようです)




今日は奮発して高速利用だ。
少しでも早く登山口に着きたい。できれば、百里ヶ岳から県境尾根を三国峠まで縦走できれば・・。

が、そうはうまくコトが運ばないのが世の常・・っちゅうかルネオバの常(^〜^;)。

ナビの指示に逆らって(なんで?)京滋バイパスを大津方面に進んでしまったのが失敗の始まり。
瀬田付近で4,50分迷走し、更に梅ノ木を通り越し朽木の市場から入ってしまい大きく回り道。
結果、自宅を6時前に出発したにも関わらず登山口の小入谷(おにゅうだに)越に着いたのが10時過ぎだった。

何と、4時間もかかっているじゃありませんか!!
4時間・・っていったら、松本まで行けるやん・・(T〜T)

が、ま、それはそれ。
この時間からでは三国峠へはとても行けそうにないけれど、初めて足跡を印す山。
胸がわくわく。

おまけに、素晴らしい好天だ!
よし、レッツGO!!







●百里新道登山口 (10:15)●

小入谷越の百里新道登山口には先着の車2台。
大きな標識もあり。


百里新道は県境尾根から南に延びた長い尾根に付けられた道。
登山道のほとんどが自然林の中を行くらしい。

登山口から10メートルも登ると・・



いきなり黄葉した木々を透して光のシャワーが降り注ぐ!

落下して間もない鮮やかな落ち葉を踏みしめ登る。



イワカガミのつややかな大きな葉。
花の頃は見ごたえあるだろうな。

所々モミジの鮮やかな朱が彩りを添える。


登りながら、ずっと気になっていた左の尾根。
樹間から白いガードレールがずっと上まで延びているのが見える。
あんな上まで林道があるの?

いえ、林道があるのも福井に抜けるのもガイドブックで知っていましたけど、
どうせ、ロクな道じゃない(すみません・・)と思っていた。


つい先日大峰の高塚山で崩壊林道を歩いたばかりだったし・・(×_×;)



ガードレールがしっかり付いている・・

600メートル付近からブナが姿を現す。
丁度黄葉の盛り。


途中少し植林帯もあるけれど、すぐにまた自然林に戻る気持ちのよい道。
P805手前付近で、上から鈴の音が聞こえ単独男性が下りてきた。

聞くと、私の前にもう一組ご夫婦が登っているらしい。
今日の登山者はどうやらこの3組だけみたい。



P805手前の斜面



●P805 (11:20)●







間近に百里ヶ岳
P805からいったん緩やかに下る。
少し先の痩せ尾根は百里ヶ岳の展望地。




東に駒ケ岳から南の尾根も見渡せる。



P805から15分ほどで下に明るい峠が見えてきた。
シチクレ峠だ。

先ほどの男性も言っていたけれど、ここから西の大倉谷への道は不明瞭でほとんど廃道になっているらしかった。

東の中小屋への道も同様らしい。


ブナ・潅木の明るい峠

●シチクレ峠 (11:35)●

休憩するのは県境尾根に出てからにして、更に登ること10分。


●県境尾根(高島トレイル)出合 (11:45)●




登りついた県境尾根は、薄暗い植林帯。
標識が林立している。

ここが高島トレイルか・・・。

右に尾根を辿る。
ここまでほとんど休憩していないので少し先で小休止。




福井・滋賀・京都の県境付近の山。
今までアクセスの中途半端な遠さゆえ縁がなく、したがってその山域については無知に等しかった。

何年か前、赤坂山で初スノーシューを体験したけれど、それだけ。
同じアクセスに時間をかけるなら、信州方面に行きたいという気持ちが強かった。
山の名前を聞いても、ほとんど記憶に残らなかった。

10日前に福井県側の虫谷林道から芦生を歩き、帰ってから周辺の地図に見入る日々が続いた。

あれ?
高島トレイル・・って、三国峠地蔵峠を通っているんや・・。

三国峠や地蔵峠は芦生の東の玄関口だ。
(ただし、ここからの入山は今は禁止されている)

最近よく耳にする高島トレイル
自分とは無縁と思っていたので余り興味もなかったので、今まで調べてみることもしなかった。
芦生を案内していただいたTさんによると、かなり広い範囲でブナが見られるらしい。

で、今回(高島トレイルとして整備されてから)初めてこの界隈に足を踏み入れることに・・。






尾根が狭くなり目の前に山頂が聳えていた。
後高度差100メートルほど。



登りの手前、右に展望が開ける。


辿ってきた百里新道の尾根。

遠くに比良山。蛇谷ヶ峰と武奈ヶ岳・・・らしい



最後の登りは100メートルほどを一気に登ることになるのだけれど・・・

斜面を見上げて・・・

うわーー!!
見事なブナ林が広がっていた!


もうほとんど落葉していたけれど、

所々にまだ色鮮やかな木々が青空に映える!




すぐその上に山頂は見えていると言うのに、
この美しい斜面に我を忘れ、デジカメのシャッターを押し続ける。
なかなか山頂は近づいてこなかった(^^ゞ




やっとのことで辿り着いた山頂には、ご夫婦が一組食事をされていた。

「ずいぶん遠くから鈴の音が聞こえているのに、
なかなか近づいてこないわね〜って言ってたの」と奥さん。


●百里ヶ岳山頂 (12:15〜12:55)●


山頂
昔は百里四方が見渡せるほど展望が良かったことから名づけられたという山名。
その後木が生い茂って展望がきかなくなったらしいが、
この数年、山頂の木を切り開いて見晴らしを良くしたらしい。




一等三角点 931.3m


一応記念撮影


食事をしながらご夫婦といろいろ言葉を交わす。
賑やか過ぎる山はまっぴらごめんだけれど、
誰にも出会わず一人っきりの山というのも寂しい。

こんな穏やかな暖かい陽射しが降り注ぐ晩秋の山の頂で
たまたま巡り会った方でも、共に感動を分かち合える人がいるのは嬉しいことだ。


ご夫婦が下山された後、しばし独りの山頂を愉しむ。


気になったのが
この箱↓


「山頂のおと」

記念の書き込みをするノートでも入っているのかと思ったけれど、
出し入れ口はない。
叩いて音を出す箱・・らしかった。

一応、たたくと・・・
くぐもった鈍い音がした。






下りもやはりデジカメのシャッターを押し続け(^^ゞ


けれど・・かなり勾配のキツイ斜面だったんやね・・


●県境尾根出合(13:15)●

県境尾根(高島トレイル)を西に辿る。


しばらく植林と自然林の境界線を行くが・・

またブナも姿を見せ始める。


白石山の手前でちょっと登りがあったものの、緩やかな稜線が続いている。


根来(ねごり)坂峠手前のピーク


白石山から南の尾根にテープが付いていて踏み跡があった。
根来坂峠をショートカットするルートのようだったけれど、きょうはパス。
根来坂峠を回る。

一番古いと云われる鯖街道の峠を通ってみたかった。



高島トレイルのテープがあちこちに・・・
ちょっと付けすぎ・・のような気もしますが・・・(-_-;)

あ・・・峠だ・・



●根来(ねごり)坂峠 (13:45)●



根来坂峠はいくつかある鯖街道のもっとも古いルートと云われているらしい。
若狭越えの峠道。

往時はここをたくさんの人が行き交ったのだろう。
歴史を見つめてきた苔むしたブナの古木と石碑に遠い昔を想う。





白石山の南尾根にトラバース。
すぐ下に林道が見えてくる。

展望が開け、比良が正面に。
林道を走る車のエンジン音が時おり聞こえてくる。


下り立った林道は驚くほど整備されていた。
まるで舗装されているかのような路面。
普通車が十分対向できる幅もある。

しばらく林道を歩き道標に従って再び鯖街道へ。

ほとんどが広葉樹林の中。
落ち葉の降り積もった歴史の道。

鮮やかに色づいた木の間隠れに百里新道の尾根


焼尾地蔵で休憩されていた山頂のご夫婦に追いついた。


焼尾地蔵



百里新道の尾根が間近に横たわる。
植林の緑と色づいた広葉樹のコントラストが美しい。


再び山道に入り、20分ほどで大倉谷出合の登山口に出た。


●大倉谷出合 (14:35)●






ススキの穂が金色に輝き、どことなく懐かしい景色


小入谷バス停で左折。
広い山道に入り、7,8分で百里新道登山口に戻ってきた。

●百里新道登山口 (14:55)●




行動時間4時間半
往復のアクセスにかけた時間7時間半

朝6時前に自宅を出発し、夕方6時過ぎ帰宅で
走行距離301キロ。
さすがに、疲れました・・・(>_<;)

・・が、今までアクセスの中途半端な遠さゆえ、
ほとんど縁のなかった山域ですが、
ちょっとしばらく嵌りそうです(^O^)v 

・・・・・

けどね、高速代にガソリン代もバカにならず。
収入もないのに、こんなことして遊んでばかりいてええんやろか・・・
悶々とする日々が続きます・・(○_○;)








⇒ぼちぼち歩きリストに戻る

⇒山域別リスト