×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




ルネのきままなアトリエ
⇒ぼちぼち歩きリストに戻る
⇒山域別リスト



北穂高岳:3108m  涸沢岳:3103,1m  奥穂高岳:3190m  前穂高岳:3090,2m


―3日目 その1―   8月8日(金) 快晴    ⇒その2へ

〜奥穂高岳・前穂高岳ピストン・ザイテングラードを涸沢へ〜



▲奥穂高岳山頂より望むジャンダルム


⇒1日目  8月 6日(水) 上高地〜明神平〜徳沢〜横尾〜涸沢(テント泊)
⇒2日目  8月 7日(木) 涸沢〜北穂高岳〜涸沢岳〜穂高岳山荘(泊)
⇒3日目  8月 8日(金) 穂高岳山荘〜奥穂高岳・前穂高岳ピストン〜穂高岳山荘〜涸沢岳ピストン〜涸沢(テント泊)
⇒4日目  8月 9日(土) 涸沢〜屏風のコル〜屏風の耳ピストン〜新村橋〜徳沢〜明神〜上高地


穂高3日目。
今日は奥穂高岳を経て前穂高岳へピストン後涸沢のテントへ下る。

天気予報は、昨日と同じく「晴れのち雨か雷雨」。

コース 広域地図     コース地図
 5:40 穂高岳山荘
 6:15〜 6:35 奥穂高岳山頂
 7:20 吊り尾根 最低鞍部
 7:35〜 7:45 岳沢分岐(紀美子平)
 8:15〜 8:50 前穂山頂
 9:05 岳沢分岐
10:35〜11:10 奥穂高岳山頂
11:35〜12:50 穂高岳山荘(涸沢岳ピストン)
14:45 涸沢テント場
※小休止省略



ピラミダルな常念岳がシルエットになり浮かび上がる

小屋の朝食は5時から。
日の出が5時過ぎ。
時刻が重なり、小屋の窓からちらっと日の出を仰ぐ。
常念岳の右肩からオレンジ色の太陽が姿を見せた。
今日も好天だ!






●穂高岳山荘出発 (5:40)●



小屋の横からすぐに奥穂高岳の登りが始まる。
2段の鉄梯子、鎖場が続く。





梯子は渋滞
が、ここを越えれば、後は岩屑の道をだらだら登るだけ。



すぐに山荘の屋根が下になり、
涸沢岳に隠れていた槍が姿を見せる。



笠ヶ岳の中腹辺りに、穂高の影がくっきりと。

右手前方に・・



ジャンダルム

西穂高への稜線が姿を現した。




山頂は意外に近く、小屋から30分ほどで到着。

●奥穂高岳山頂 (6:15〜6:35)●



左:穂高明神を祭る社  右:山名盤




標高 3190メートル。
富士山、北岳に次いで日本で第3位の山頂。
360度、遮るもののない眺め!

北アの山々は勿論のこと、雲の上に御嶽・中ア・南ア・富士山・八ヶ岳・etc.・・



おーー!!
ジャンダルムがすぐそこ!!
今ならあそこを越えて西穂まで、ちょいちょいと行けそうな気がする!!
(気がするだけ・・(^〜^;)・・)


奥穂・西穂の縦走はまだ行ったことはない。

昔から、行ってみたい!・・との思いはあるにはあったけれど、
やっぱり止めておいた方が無難かな・・と思っている。

歩かれた方の話では、「すごかった!!」とか「大したことなかった〜」とか、感想は様々。
ま、その時の天候や、体調によっても同じルートが全然違ってしまうからね・・。

けど、あそこは、やっぱり、私にとって不可侵の領域かな・・と思っている。





吊尾根を隔ててすぐそこに前穂高岳


その右下には・・
今まで隠れていた「山の向こう側」が見える。



上高地

蛇行する白い梓川の流れ。
緑の林の中の赤い屋根は、帝国ホテルだ。

次から次へやってくる登山者。
祠の前での記念撮影も順番待ち。

↓こんな感じ


4,5メートル下の南側テラスに移動。展望を満喫する。



北の展望


また帰りに眺めは楽しむことにして、山頂を後にする。



前穂高に向かって岩屑の斜面を下る下る。


あっという間に、奥穂山頂が見上げる高さになる。



西穂への稜線

奥穂から前穂間の吊尾根の道は、岳沢側を巻いたり、稜線に乗ったり。
途中、鎖場もあるけれど、苦労することはない。

大展望を満喫しながら、最低鞍部に向かってぐんぐん下る爽快な道のり。
但し、帰りはここを登り返すことになるんですけど・・(>_<;)



前穂が次第に迫ってくる。



左には涸沢




岩の斜面に引っ掻き傷のようについた水平道を行くと・・



最低鞍部はすぐ。

●吊尾根 最低鞍部 (7:20)●



鞍部は、岳沢側を巻いているので、岩に書かれた文字でそこと分かる。

「分岐」の文字もあるけれど、ここから尾根通しに登るのは熟練者のコースらしい。
普通は山腹を岳沢分岐まで更に巻き、そこから山頂に取り付く。





最低鞍部から15分ほどで岳沢分岐(紀美子平)

●岳沢分岐(紀美子平) (7:35〜7:45)●





小休止の後、山頂へ。

山頂までは30分のコースタイムだ。
岩をぐいぐいよじ登ったり、右に左に巻いたり。





軽快に登り、これなら20分ぐらいで山頂へ行けるかも・・
・・と思ったけれど、
やっぱりしっかり30分かかった。


標高3090メートルの前穂高岳山頂は・・・

●その2へ続く●






⇒ぼちぼち歩きリストに戻る

⇒山域別リスト